言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

やままあき

Author:やまま (id:yamama48)

1985年生まれの凡人雑記ブロガー。有名人になるのが夢でした。まだ少し夢見ています。凡人だって情報発信していいということを証明していきたい。読者登録していただけると嬉しいです!
お問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

yamama48★outlook.jp(★をアットマークに変更してください)

落ち込んでいたけど元気っぽいツイートをしたら反応いただきうれしい

f:id:yamama48:20190201111842p:plain

こんばんは、あと25分で記事を書かないといけない時間です。

ぼやぼやしていたらあっという間に23時30分を過ぎていました。毎日更新のためにはあと25分、いや、24分で書かねばなりません。

今朝のツイートです。

現時点で5人の方にお返事をいただき、13人の方にいいねしていただきました。どれだけ励みになったことでしょう。

みんながんばっているんだなと思うと、ひとりじゃないなという気になってきます。Twitterのいいところを実感しました。

憂鬱なつぶやきもいいけれど、自分を奮い立たせる投稿もよいものです。そこに共感してもらえると力が湧きますね。

心底落ち込んでいるとき、腐っているときはTwitterは使わないほうがよい。そんなときは「ぐちったー」に身を投じます。みんなしんどいのだということがよくわかる。

ぐちったー - みんなの愚痴をみんなで共感しあう匿名つぶやきサービス

おもしろいのは、こういう場であっても、ただの愚痴より「スパイスの効いた愚痴」の方が反応があるということです。ほんのり面白おかしくすると、いいね(ちなみにぐちったーでは「いいね!」ではなく「応援!」というボタンである)の数が増える傾向を感じます。腐っている気持ちのときは、「応援!」ボタンが押されたということが実に嬉しいものです。

憂鬱に浸ると、つい長湯してしまいます。心地よくて抜け出せないのです。でも、そんな様子を見て面白がってくれる人などおりましょうか?

そこでエイヤと勢いで、すっぽんぽんで転がり出るくらいのことをする。そうすると、少しは反応があります。これをきっかけに、憂鬱風呂から抜け出すのです。

 ◆

ブログの毎日更新なんてとてもじゃないけれどできない。よく言われます。私もそう思っていました。でもこうやって、タイムアタックをしながら、今日あったことをダラダラ書いているだけで1記事になります。

何の情報もないし、役に立たない、誰にも求められていない記事であろうとは思います。しかし「毎日更新」が目的ならば、内容は横に置いておいたっていいではないですか。

その「適当感」を受け入れることができてから、毎日更新がそれほど苦しいことではなくなったのです。立派なことなんて書かなくていいのです。読むか読まないかはお客様に委ねましょう。

「そんなの、プロ意識に欠けている!」というお声もあると思います。でも、「なんとしてでも毎日更新」は、あなたの考えるプロ意識に当てはまらないかもしれないけれど、私のプロ意識には当てはまるのです。プロ「意識」の形は千差万別であるはず。押し付けないでほしい。私も、自分の考え方を押し付けてはなりませんね。

さて、今後もTwitter上で自分を励ましている可能性があります。遠慮なくいいねを押していただけたら幸いです。

やまま@言いたいことやまやま (@yamama48) | Twitter