言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

Authur:やまま (id:yamama48)
1985年生まれの銀座OLです。揚げ物・おから・喫茶アメリカンが好きです。ぐるなびさんの「みんなのごはん」でたまに記事書かせていただいています。 食に限らず体験レポート系記事作成のお問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

2019年度こそ「脱・卑屈」!ポエムも書きました

ãããã人ã®ã¤ã©ã¹ãï¼å¥³æ§ï¼


「ひくつでしょうか」

 

1日のPV数が2000だ!と言うと、「たった2,000」と言う。

月間10万PVだ!と言うと、「まだ10万」と言う。

本を出した!と言うと、「電子書籍だけだから」と言う。

これだけでしょうか。いいえ、なんでも。


♪エイミーはパン(朝ごはんの話)

 

ポエムを解説します その1(まじめ編)

こんばんは、みすずごっこの時間です。

無理やり「こだまでしょうか」になぞらえてみましたが、うまいこといきませんでした。解説を要するようではよいポエムとは言えませんが、書いてしまったので説明をいたします。

1日のPV数が2000だ!と言うと、「たった2,000」と言う。

月間10万PVだ!と言うと、「まだ10万」と言う。

本を出した!と言うと、「電子書籍だけだから」と言う。

私の思考癖の話です。

先日電子書籍「凡人の星になる」を発売し、ありがたいことにコメントをいただくことがあります。「月間10万PVもとれているなら凡人ではない」「本を出したなんてすごい」等々。

 

そのお声がけに「ありがたいなあ」と感じる一方で、評価を鵜呑みにできない自分がいます。「鵜呑みにしてはいけないと、頑なに拒んでいる自分」が正しいでしょう。

上には上がいます。2,000PVなんて大したことないし、10万PVも同様で、自分から企画せずとも、紙の書籍の出版依頼がバンバン来るような方もいらっしゃるのです。そんななかで、私ごときが自分を誇りに思ってもいいのだろうか?

書籍を出すというのは、まさに「やりたいこと」でした。至らない点も多く反省しながらの発売ではありましたが、夢が叶ったのです!

しかし私は夢達成を喜ぶどころか「短編だし、電子書籍のみでの発売だし……」と、変な理由で謙遜するというか、まわりまわって卑屈になっていました。自分自身が電子書籍を愛読しているというのに、なぜ突然「紙でも出せる人がすごいのであって、私はまだまだ」などという考えに至ってしまったのか?

これだけでしょうか。いいえ、なんでも。

ブログや書籍のことのみならず、何かを達成するとすぐ「自分を貶めるタネ」を探す習性があります。これはいったいなんなのでしょう。

ブログを始めたての自分がいまの自分を見たら、いらつくに違いありません。

「1日のPV数が2ケタの私を、殺したいのか?」

人に序列をつけがちで、自分はけっして上位の人間ではないという思い込みがあるのです。このことを客観的に認識できるようになっただけでも、すこしレベルアップしたなと思います。

人の価値に優劣はつけられません。測る装置もありません。あの人はすごい、この人はえらい、私はうんこ、というのはすべて「思い込み」「意味のない”意味づけ”」です。意味のないものに振り回されるなんて、なんと愚かしいのでしょう!

書籍を発売してもなお、達成感の代わりに「私なんて…」という気持ちが湧き上がってきたことに気づいたので、ストップをかけるべくこの記事を書いている次第です。

私は、やりたかったことができている。
確実に前進しているのだ!

 

▼こちらの書籍に学んだところが大きいです

【★購入特典付き★】グッドバイブス  ご機嫌な仕事

【★購入特典付き★】グッドバイブス ご機嫌な仕事

 

 

ポエムを解説します その2(どうしようもないね編)

♪エイミーはパン(朝ごはんの話) 

これがどうにもなりませんでした。

もちろん「♪ACジャパン」をなぞりたかったのです。しかしパッと、いい感じで、「~~パン」という言葉が思い浮かびません。冒頭をなぞるための「エーイー」という母音の言葉も浮かびません。

困った末の、エイミー少女の朝ごはんの話となりました。

エイミーといえば、先日テレビ東京で2夜連続で放送された『二つの祖国』です。仲里依紗がエミーでした。ああいう、プライドが高くてへそまがりな女の役が本当にうまくて、テレビを観ながら「仲里依紗はほんとうにこういう女の役がうまいね」と偉そうに独り言をこぼしてしまったくらいです。自分がどんどんババア化していることを思い知ります。それにしてもチャーリーをムロツヨシが演じるというのはなんともさみしかったです。いい人であってほしかった……いや、チャーリーにはチャーリーの正義があり、悪と決めつけることはできないのですけれど。多部未華子の梛子がまた、よかったですね。

 

2019年度は「意味付けを手放す」「卑屈にならない」を目標にがんばります。

▼なので、お読みいただけたら幸いです!

凡人の星になる: 月間10万PVの雑記ブロガーが「凡人」を武器にするまでの七転八倒

凡人の星になる: 月間10万PVの雑記ブロガーが「凡人」を武器にするまでの七転八倒