言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

Authur:やまま (id:yamama48)
1985年生まれの銀座OLです。揚げ物・おから・喫茶アメリカンが好きです。ぐるなびさんの「みんなのごはん」でたまに記事書かせていただいています。 食に限らず体験レポート系記事作成のお問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

この週末は出先で「ああしておけばよかった」って言うの禁止

f:id:yamama48:20190405201649p:plain

こんばんは、金曜日の夜がいちばん楽しいよねの時間です。

さあ、土日です。東京では桜が散っています。桜カーニバルがフィナーレを迎えているのです。天気予報は晴れの様子。おでかけになる方も多いことでしょう。

 

おでかけは「気を使い合える仲の人と」がいちばんラク

私は家族など「素でいられる人とのお出かけ」があまり得意ではありません。遠慮がないぶん自分を律することができなくなり、不満不平をストレートに言ってしまうからです。

 

「疲れた」「飽きた」

 

すぐそう思ってしまいます。実はとても飽きっぽいのです。

でも家族が楽しそうにしているとそれを言えない。でも遠慮がないから、顔には思いきり「疲れた」「飽きた」「帰りたい」が書かれてしまいます。

 

同行しているのが「遠慮しあえる仲の人」というのは大事なのです。気を使うせいか、「疲れた」「飽きた」の想いに至る余裕がない。その結果、なんだかんだで1日を楽しめてしまうという不思議な現象が起きます。

 

野原でフリスビーなんて絶対やりたくないのですが、気を使ってやってみた結果、割と楽しく過ごせてしまったり。家族とだったらフリスビーをどこかで割っていることでしょう。というか、すぐ提案を却下すると思います。「いやだ」「面倒くさい」。

それでも家族と出かけるなら

家族のことは好きです。「家族と出かける」のが不得手なだけです。とはいえ、みんなでおでかけしなければならないこともあります。そんなときは

 

「~~~にすればよかった」

 

という言葉をNGワード化し、ゲームにしてしまいましょう。

 

正月番組「志村&鶴瓶のあぶない交遊録」の名物コーナーである「英語禁止ボウリング」よろしく、上記のような発言があるたびに罰金です。お金だと生々しいようなら、「ビール1杯おごる」などでもよいでしょう。

たとえば、外食をするとき。オーダーして、期待はずれのものが出てきたとしましょう。

「やっぱりさっき悩んだあっちのお店に行けばよかったんだよ」

これを言ったら罰金です。

ごはんを終えて、映画館に向かう。お目当ての映画は満席で入れなかったとしましょう。

「だからネット予約しておけばよかったんだよ」

これを言ったら罰金です。

帰りにクタクタになったのでタクシーに乗ったら、大渋滞だったとしましょう。

「ほら電車のほうがよかったじゃないか」

……罰金!罰金!天誅だァァァ!

とにかく、選択してしまったものを悔い、タイムリープしたがるのは不毛です。やってしまったことは取り返せない。過去には戻れません。それがわかっているのに声に出すと、聴覚からもよくない刺激が入ってきます。逃した魚は大きい。しかしその魚は逃しており、目の前にはいないので大きさがわかりません。その幻に浸っていたって仕方がない。手に入らないとわかっているからこそ、苛立ちも募るというものです。自分だけでなく、その言葉が聞こえた同行者たちの気持ちもざわついてしまいます。この言葉は絶対によくない。不幸の始まりです。

ですから、お出かけ前にあらかじめ「~~しておけばよかった」という旨の言葉を発したら罰金かビールだというルールを作っておきましょう。

これを言わないだけでも、いまに目を向けて、イライラの少ないひとときになると思います。

ではよい週末を。

 

▼「いまここ」が大切だという考え方はこちらの本で学べます

【★購入特典付き★】グッドバイブス  ご機嫌な仕事

【★購入特典付き★】グッドバイブス ご機嫌な仕事