言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

やままあき

Author:やまま (id:yamama48)

1985年生まれの凡人雑記ブロガー。有名人になるのが夢でした。まだ少し夢見ています。凡人だって情報発信していいということを証明していきたい。読者登録していただけると嬉しいです!
お問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

yamama48★outlook.jp(★をアットマークに変更してください)

MKレストランの鶏しゃぶしゃぶ食べ放題ランチ(1,080円)で「ぼっちビュッフェ」を楽しむ

世間がTKショックに陥るなか、「MKレストラン」に行ってきた。最近店舗数が増えている、タイ発のタイスキチェーン店だ。夜はしゃぶしゃぶ・飲茶・寿司が食べ放題。しかもタッチパネルでのオーダー式バイキングというのが画期的で、食いしん坊の悩みである「バイキングって、食べものを取りに行く時間がもったいないんだよね……オーダー式だと店員さんを呼び止めるのが面倒くさいんだよね……」を見事なまでに解決してくれる素晴らしいお店。

ランチはしゃぶしゃぶ120分食べ放題で1,780円などさらにお得なコースになっているのだが、なかでも最安の食べ放題プランにひとり臨んできたのでレポートしたい。

鶏しゃぶしゃぶ食べ放題が1,080円

訪れたのは池袋駅前にある店舗。時間は60分、選べるお肉は鶏肉のみと制約はあるものの、たった1,080円で食べ放題ランチが楽しめてしまうプランである。ドリンクは別料金なので、ここは「お冷」で。

しゃぶしゃぶのスープは2種類選ぶことができるので、基本の「チキンベースのオリジナルスープ」「有機大豆100%の大豆スープ」をセレクト。

最初にデフォルトメニューとして提供されるのが、「鶏むね肉と鶏ももスライスの盛り合わせ」と、

「野菜盛り合わせ」が提供されるが、そのあとは自由に好きなものを頼むことができる。

タッチパネルで全部済ませられるのがうれしい。右上に表示されている「残り時間」がなかなかのプレッシャー…… 

とりあえずしゃぶしゃぶスタート。残された時間はあと50分。

めんどうくさいので全部入れた。

左利きに対して喧嘩を売るタイプのお玉。タイでは左手は「不浄の手」ですからね……不浄かあ……(我が左手を見つめながら)

調味料もいろいろ。豆乳スープはしっかり味付けがされているのでストレートで十分だが、オリジナルスープはこれらのソース類を楽しむ余白が残されている味。コチュジャンのような甘い味噌味がおいしい「MKソース」はぜひ使ってほしい。サンチュにつけて食べたくなった。

あとはひたすら食べては注文し、食べては注文し、を繰り返すのみ。

どのくらいの量が持ち込まれるのか読めなかったので、タッチパネルでビビりながら「ウインナー」「豆腐しんじょう」「チーズミンチ」をひとつずつ注文。店員さんが持ってきてくれた皿は、その白さが際立つ盛り付けであった。

この豆腐しんじょうがなんとも言えずうまい。はんぺんともかまぼこともつかない、絶妙なふんわり食感。けっこうおかわりしました。

チーズミンチはチーズの香りが強く、クセになるかんじ。これまた数回おかわりしました。どうか皆さんはしっかりと火を通してお召し上がりください……

野菜も食べよう。

季節の野菜ということで、この時は春菊を選ぶことができた。とてもテンションが高まる。みんなパクチーばかりをもてはやすけれど、春菊のポテンシャルにももっと注目してほしい。

水菜、きくらげ、ねぎ、豆腐しんじょう。

「ねぎ 1」と頼んだら本当にこれしか来なかった。数本まとめて注文することをおすすめします。

初訪問ゆえ、MKレストランのオーダーシステムに興奮していろいろ考えながら悩みながらオーダーしていたら、あっという間に時間が過ぎ去っていた。ちょっと本気出して食べないとな、ということでお皿4種で臨んでみた。左から、豆乳スープ用、ごまだれ用、MKソース用、ポン酢用。

反時計回りでこれらに手を付けていくサイクルを完成させた。

鍋から4種のお皿に一気に盛り付けて、茹でる具材を追加投入

茹でているあいだに豆乳皿食べる

ごまだれ皿食べる

MKソース皿食べる

ポン酢皿食べる

鍋から4種のお皿に(以下略)

エビボール、水餃子、エビ海鮮餃子。

水餃子は皮がずいぶん分厚い。タネはツナを思わせるような食感で、あまり好みではなかった。なのに3つくらい間違えて頼んじゃったんだよなあ。

一方、エビ海鮮餃子は具だくさんで味も見た目も最高!エビボールはかまぼこでした。

そうこうしているうちに、あと10分を切ってしまう。なんとあっという間なのでしょう。あっさりした具ばかりなので、永遠に食べ続けられる気すらしてくる。

そろそろ〆ないと、ということでオーダーしたのは春雨。豆乳スープとの相性抜群。これまた永久に食べられる気がしてくる……ああ、時間が……

ちなみに締め食材はほかにも、うどんやバミー麺、白ごはんなどあり。ところで「雑炊セット」と「リゾットセット」があったのだけど、その違いはなんだったんだろう……チーズの有無とかかなあ。

あっという間の1時間!最後に「食べたものリスト」もらえるよ

びっくりするほど時間があっという間。ひとりでもそう感じたのだから、連れ合いがいたら、さらに時間が足りないと感じたことだろう。おしゃべりする余裕、ない。

最初に躊躇せずドカンと気になるものをまとめてオーダーすればよかったと反省した。一気に茹でて、ひたすら食べる流れにすればよかったのだ。でもそれって、食事のひとときを楽しめているのだろうか……フードファイターごっこになっていないだろうか……

初回ということで、拙いレポートで申し訳ありませんでした。リベンジを果たしてもうちょっとしっかりまとめたいところです。

……なんて書いたけれど、正直なところ、詳細は下記「みんなのごはん」の深蔵さんの記事をご覧いただければすべてがわかります。イラストが悶絶するほどかわいいのでぜひ見てください(ファンです)。MKレストランに行ってみようと思ったきっかけは下記記事であります。

肉&寿司を食べまくって2,980円!タッチパネル注文の「MKレストラン」は1人食べ放題でも全然恥ずかしくないゾ - ぐるなび みんなのごはん

上記記事タイトルにも「1人食べ放題でも全然恥ずかしくない」とあるけれど、最後に「食べたもの一覧」が書かれたレシートを手渡される瞬間は、ちょっと照れる。

レジのお兄さん、「この女、豆腐しんじょう4個も食ったのか……」とか思われていやしなかったかな。自意識過剰だと、疲れることばかりです。

※公式サイト:MKレストラン