言いたいことやまやまです

有名人になりたかったけれどなれなかった30代半ばの凡人女による愉快な生存報告

やままあき

Author:やまま (id:yamama48)

1985年生まれの凡人雑記ブロガー。有名人になるのが夢でした。まだ少し夢見ています。凡人だって情報発信していいということを証明していきたい。読者登録していただけると嬉しいです!
お問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

yamama48★outlook.jp(★をアットマークに変更してください)

高知県のお豆腐屋さんがつくったおつまみ「百二珍」は豆腐ではなくなっていた

ゆず活部員になってから高知県産のものに目が行くようになり、この日のおやつは有楽町の高知県アンテナショップ「まるごと高知」で買った燻製豆腐の「百二珍」。スティック状で小ぶりだけれど、これで300円くらいする。

「国産大豆と室戸海洋深層水を使用した豆腐を、桜チップと四万十栗の鬼皮を独自ブレンドして燻製にしました」とのことで、いくつかあるなかから胡椒味を選んだ。

熱量213キロカロリー、タンパク質15.8g、炭水化物13.5g。

開封した瞬間、燻製の香り。会社で食べたので酒の手配は無理だとしても、せめて白米はあったほうがよかったんじゃないか。

豆腐とは思えぬレバーのような外観。

ナイフがなかったのでそのままかじりついた歯型が感じられてしまい恐縮なのですが、断面は

こんな感じで、もはや豆腐ではない。チーズのよう、と表現するのはたやすいが、チーズとも言い切れぬ。独特。絹ごし豆腐を卒業し、「百二珍」以外の何物でもない領域に突入していた。

甘めの醤油とおかかがまざったような味で、胡椒はあまり感じられないなあと思っていたら、最後の最後でピリリ。豆腐もうまいが、このタレもうまい。おかゆに乗せて食べたい(おかかといえばおかゆ)。

おいしかったのでメーカーのタナカショクさんのWEBサイトをみたところ、プロモーションムービーまで作られていた。しかも案内人が榎木孝明さん。かっこいい…特設ページのURL末尾が「enokitakaaki」なあたりにホッコリ。

ちょっとファンになり、Facebookページにいいねをしてしまいました…

榎木孝明「百一珍紀行」 | 株式会社タナカショク

http://www.tanakashoku.jp/kozoan/enokitakaaki/

ところで最近はこんな高知モノもいただきました。おからの寿司↓
高知県は本当においしいものいっぱいだなあ、来年行けるといいな。

https://www.instagram.com/p/BcOaRkHhRUS/

高知県ではおからのお寿司を食べるそう!ハタハタのおから寿司をいただきます #高知 #おから #寿司