言いたいことやまやまです

有名人になりたかったけれどなれなかった30代半ばの凡人女による愉快な生存報告

やままあき

Author:やまま (id:yamama48)

1985年生まれの凡人雑記ブロガー。有名人になるのが夢でした。まだ少し夢見ています。凡人だって情報発信していいということを証明していきたい。読者登録していただけると嬉しいです!
お問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

yamama48★outlook.jp(★をアットマークに変更してください)

イライラするのは羨ましいから

f:id:yamama48:20181012221740p:plain

こんばんは、Instagramの時間です。

自撮り写真の勉強用にと、こっそりチェックしているアカウントがいくつかあります。もちろん自撮りの多い方ばかりなのですが、こっちが好きで見ているくせに、胸がざわざわするのです。単刀直入に言うとイライラします。

「いま起きたよ★」と書きつつすっぴん顔を出すとか、脚の写真を載せてハッシュタグを「#sexy」にするとか、とにかくポーズがぶりぶりだとか、アカウント名見るとlove.flowerみたいなムードだとか、

おお、おお、おおーーーーーーーーーーーーッ!

……というところまで来て、ハタと我に返ります。先方は悪いことをしているわけでもなんでもないのに、なぜこんな感情になるのか。心の奥底では、そうやって振る舞える彼女たちが羨ましいのだと思います。晒せるすっぴんも、脚も、ぶりっこポーズも持ち合わせていません。もっと美人だったら、可愛かったら!そんな想いが「ムカつく」という形になっているのではないか……?

でも、彼女たちは素顔や脚を出してよくて、私がダメだというルールはどこにもありません。私だってそうした写真を公開してよいのです。

なぜそれができないか。晒せるほどの素材を持っていないというのはもちろんですが、それ以上に「この程度のクオリティですっぴん晒すなよw」「脚、太っww」「いい歳してアカウント名がloveとかwww」などと思われたくないからです。それに、すっぴんやセクシーショットやぶりぶりポーズの写真を公開したいという想いは本当に、ない。

それでもイライラするのは、「葛藤を乗り越えている潔さへの羨ましさ」ゆえではないかと思います。

「自撮り写真を撮り、ブログやSNSに掲載する」というのも葛藤がありましたが、いつの間にか載せられるようになりました(いつもお目汚しすみません)。今となっては「ブスとでもなんとでも言ってくれ」という境地です。それまでは他人の自撮り写真にも「なにさ自分好きめ」とイライラしていたものですが、今やなんとも思いません。

なんにせよ、イライラInstagramを見るのは感情のジェットコースターが楽しめてくせになってしまっています。