言いたいことやまやまです

有名人になりたかったけれどなれなかった30代半ばの凡人女による愉快な生存報告

やままあき

Author:やまま (id:yamama48)

1985年生まれの凡人雑記ブロガー。有名人になるのが夢でした。まだ少し夢見ています。凡人だって情報発信していいということを証明していきたい。読者登録していただけると嬉しいです!
お問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

yamama48★outlook.jp(★をアットマークに変更してください)

公私ともに凡ミス続きで自己肯定感ゼロに。でも「ストレス」なんて言葉に逃げたら負けだ

è½ã¨ãç©´ã«è½ã¡ã人ã®ã¤ã©ã¹ã

こんばんは、うっかりが笑えない時間です。

仕事中のケアレスミスが続き、反省と消えたくなる想いで日々を過ごしています。「気をつけます」は対策にはなりません。

  • 業務内容を「自分の言葉で」マニュアル化
  • それをチェックリスト化
  • 資料は出力して校正する
  • 提出前のWチェックは朝行う(間に合わない場合は5分仮眠後にやる) 

これを、自分に課しました。新卒かよと思いますが立派な33歳です。明日はマニュアル化とチェックリスト化に臨む予定です。そして次の出社に備えたい。

ちなみに、「自分の言葉でマニュアル化」というのは、学生時代の勉強法でもあります。試験勉強というのは孤独な作業です。心細くなったり不安になったりすると私は本当に「できなく」なる性質があるため、教科書を全面的にポップな文体で書き直していたのです。画面の隣に教科書を置き、Wordでひたすら打ち込みました。語尾が全部語りかけ系。それでは、見てみましょう!といった具合です。

業務マニュアルづくりにわずかに着手しているのですが、すでに「がんばりましょう!」という単語が入っています。自分で自分を励ますのは虚しいのですが、励まし系文章に書き換えるという作業を経て、記憶に残るのです。

yamama48.hatenablog.com

ついに発言小町を見てしまう

自分で自分に落ち込みすぎて、昨晩ついに発言小町を検索してしまいました。同様の悩みを持っていらっしゃる方のスレッドには、「邪魔」「仕事やめたほうがいい」「甘えてる」といった厳しいコメントに遭遇しました。おっしゃる通りで、返す言葉がありません。

しかし、気が滅入ってメランコリックな表情を浮かべて重宝されるのは深田恭子さんくらいのもの(私の好み)。そのへんの30代女がウジウジしていても環境汚染源としかなりません。上記の質問主だって20代でした。かわいいもんです。わたし、30代。目も当てられない。死にたくはないけれど、消えたくはなります。神隠しにあいたい。

でも、あいたくてあいたくて震えても会えないのだと西野カナさんが教えてくれました。神隠しにはあえません。

ウジ虫面をしていてもだめなんです。できることは、上に宣言したことをやること。そしてミスをしないこと。それ以外に社会人として生きていく道はありません。甘えてはならない。諦めていいのはフリーター生活かホームレス生活をする覚悟ができたときです。

プライベートでもミスが続くようになる

仕事中のミスばかりかと思いきや、プライベートでもミスが多発してきました。電車を間違えて待ち合わせ大遅刻。鍵の紛失。お支払い金の持参忘れ。果てはトイレの流し忘れです。もう、人としての尊厳もなくなっている……

そりゃ、もともと「うっかり」しがちな方です。それでも、ここまでではなかった。その思い自体が失敗の源なのかもしれません、「こんなはずでは」というプライドのことです。「私はこの程度の人間なのだ」と受け入れられて初めて、うまくいくようになるのかもしれない。厄年の私に神が与えてくれた試練なのかもしれません。乗り越えられない試練は与えない。コリント人への第一の手紙(聖書)が転送されてやままに届きました。

なにをするにも、怖いです。家族にも「ごめんなさい」ばかり言うようになってきてしまいました。でもそれってウザいのですよね。いじめられっ子をいじめたくなるのは、妙におどおどしていて、ごめんなさいごめんなさいと言い続けるごめんなさいマシーンになっているからです。

でももっと嫌なのは、こんな状態なのに食欲正常、肌ツヤもよいということです。背中はぶつぶつだらけですが、顔は吹き出物ひとつありません。なんだよ、元気なんじゃんと。落ち込む余裕あるなら、なんとかしろよと、自分でも思うのです。

「ストレス」に逃げるな

ウジウジしながら、あんまりにも最近のうっかりが多すぎるので、Google検索をしました。ヒットしたのが下記の記事。

「物忘れ」「うっかりミス」が多くなったと感じ始めた人へ 中医学的6つの処方箋-物忘れに悩む「心脾両虚」の 中医学的6つの処方箋:日経ウーマンオンライン【中医学の薬箱】

【しんコロ】警鐘!うっかりミス連発の原因は「脳のストレス」かも - まぐまぐニュース!

弱っているときにこういう記事というのは、効きます。「ストレス」の4文字が奏でる和音の心地よさをあなたは知っているか?「かわいそうな私!」というシェルターに逃げ込ませてもらう感覚があります。

ところで、ジャンプコミックスに「ホイッスル!」という作品があります。アニメ化に際し主役の声を小向美奈子さんが務めたという脅威の作品ですが、そのなかの名言にこんなものがあります。

「傷ついてんのは俺の方さ!」

人気キャラクターである三上くんのお言葉です。「あなたのミス続きはストレスゆえ」というアドバイスを真に受け、「そうなんだ!私ってかわいそう!」と思ってしまったら最後、自分のうっかりによる被害者たちは三上くん化するよりほかありません。そう、傷ついているのは迷惑を被っている方々です。私のうっかりは、みなさんの時間を、お金を、気遣う心を、踏みにじっている。

だからストレスなどという言葉に逃げ込んではなりません。できることをやる。そして改善する。

あえて「ヘラヘラ」しながら努力する!?

しかし冒頭の「試験勉強」のところで触れたように、深刻さ・不安・焦燥感を抱えたままだと私はうまくいくものがいかなくなる傾向にあります。ドンマイドンマイ気にすんな、楽しくなければテレビじゃないじゃんというムードで臨んだほうが、うまくいきます。断言しますが、楽しいときほど調子がいい。

落ち込んでいるとき、うまくいっていないときに「テイク・イット・イージーでいこうぜ~」なムードになるというのは、心のギアチェンジがしんどいし、果てしない罪悪感があります。ミス続きで迷惑かけまくっているのに、トイレでうんこ流し忘れているのに、へらへらしていていいんだろうか?同じへらならメンヘラのほうがいいんじゃないか?いろいろな思いが駆け巡ります。

とりあえず明日、カラオケにでも行ってみようかしら。歌う曲はタッキー&翼の「✕ ~ダメ~」で決まりです。 

×~ダメ~ (初回限定盤)(DVD付)(ジャケットA)

×~ダメ~ (初回限定盤)(DVD付)(ジャケットA)

  • アーティスト: タッキー&翼,滝沢秀明,今井翼,min-hwa,TAKESHI,多胡邦夫,鳥海雄介,森元康介,Patric Sarin,前嶋康明,家原正樹
  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング
  • 発売日: 2007/04/18
  • メディア: CD
  • クリック: 36回
  • この商品を含むブログ (39件) を見る
 

 ▼いま、これ読んでます。Prime会員は無料で読めた!

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?

 

追伸(お礼)

最近とみに憂鬱そうな記事を書いてしまったり、ツイートしてしまったりで、すみません。吐き出すことで多少なりとも発散できています。私利私欲のために使ってしまっていて申し訳ないのですが、発信場所があるありがたさを感じる日々です。

励ましコメント、メールをくださった皆さん、記事や投稿を読んでくださった皆さん、とても感謝しています。自分は無価値な存在ではない、と思えました。面と向かって誰かに相談するという気持ちにもなれなくて、うじうじした想いを書いたらリアクションしてもらえて、「疑似相談」をさせてもらった心地です。本当にありがとうございます。きちんと眠れるのは皆さんのおかげです。

※気持ちが整理できず、メールをお返しできていない恩人がおります。いただいたメールをゆっくり噛み締めております。お返事をしたいのに言葉がうまく綴れず、もう少しお時間をいただければと思います。「言いたいことやまやま」なんです!