言いたいことやまやまです

有名人になりたかったけれどなれなかった30代半ばの凡人女による愉快な生存報告

やままあき

Author:やまま (id:yamama48)

1985年生まれのインディーズエッセイスト(子なし専業主婦)。
電子書籍、ポッドキャスト、noteやってます。
自己紹介はこちらを!
読者登録していただけると嬉しいです!
お問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

yamama48★outlook.jp(★をアットマークに変更してください)

エッセイ
昼スナック
レビュー
自己紹介

NVC(非暴力コミュニケーション)ってなに? | 書籍の要約でNVCを学ぶ【1】

NVC 非暴力コミュニケーション 要約

自分が本当にやりたいことを自覚したら生きやすくなったという記事を書きました。この心境にいたった転機は多々あり、そのうちのひとつが「NVC(非暴力コミュニケーション)を学んだこと」です。

学校に通うでも資格を取るでもなく、本を買って読んだだけ。

関連動画を観たり、NVCを知っている友人と会話したりすることはありますが、お金をかけて得た知識ではありません。

▼この動画が好きです


Nonviolent Communication (NVC): Yoram Mosenzon workshop: 'Ask for the Moon'

そして、スピリチュアルに重心をおいた心理学の本でもありません。説かれているのは「コミュニケーション術」です。

だからこそ老若男女問わず誰でも取り入れやすいはず。知っていて損することはない技術です。断言します。

強いて言うなれば、肝心の書籍が翻訳本であるため、挙げられているたとえ話があまり身近ではなく(どうしてもディラン&キャサリン状態になる)、字が小さいのでやや読みづらいことぐらい。

ならば要約してみよう! ということで、チャレンジしてみます。NVCに興味を持ってくださったり、実践したり、生き方のヒントになったりしたら幸いです。

私も要約作業を通じて、NVCの学びを深めます。

 

NVCってなによ

NVCがいつ、どこで、誰によってどんなふうに提唱されたのかといった歴史的な事項は、ご興味を持たれたあとにNVC JapanのNVCとはというページをご覧いただければと。

気になるのは「NVCってなんなのよ!」ということかと思います。

「最近の世の中、CEOとかUFOとかUMAとか、とにかくアルファベット表記が多すぎるのよ!」というお気持ち、よくわかります。

NVCの正式表記は「NonViolent Communication(非暴力コミュニケーション)」です。

NVC 非暴力コミュニケーション 要約

「暴力」とはたいそうな表現ですが、つまるところ「コミュニケーション上の暴力」を指します。

バカ! ブス! ブタゴリラ! といったあからさまなものはもちろん、「無視」のような静かな暴力もありますし、一見するとよいことのように見える「褒める」行為も実は暴力であると、書籍の中で説かれています。

では暴力的ではないコミュニケーション、すなわちNVCとはなんなのかというと、「思いやりのコミュニケーション」「共感コミュニケーション」です。

「正しさ」が思いやりを妨げる

提唱者のマーシャル・B・ローゼンバーグが言うことには、人はもともとNVCの能力(=思いやりの気持ち)が備わっているそうです。

しかし成長の過程でさまざまなルールを学ぶことで、「ジャッジする」というフィルタがかかるようになります。

そうしてできあがるのが「暴力的コミュニケーション」で戦い続ける大人たちです。

NVC 非暴力コミュニケーション 要約

もともと持っている「思いやり」よりも「こうあるべき」という「正しさ」が優先されるようになります。

さきほど「褒めることは暴力コミュニケーション」だと書いた理由も、これです。「正しい」か「正しくない」かで判定した結果だからです。

ほかにも、次のようなコミュニケーションが「思いやり」を妨げるものとして挙げられています。

NVC 非暴力コミュニケーション 要約

暴力的なコミュニケーションをとろうがとるまいが、人には誰しも感情があり、望みを抱えています。

それをストレートに言えば多くのコミュニケーションは円滑に行われるはずなのですが、前述の「正しさ」フィルタによって、「あなたはこうするべきだ」という暴力表現が詰め込まれてしまうのです。

私自身もまさに暴力コミュニケーションの主です。常に「こうあるべき」「こうせねば」といった思考で溢れかえっていました。

▼ここで宣伝です

共感コミュニケーションのための4ステップ 

他人に対して攻撃的になるだけでなく、自分自身とのコミュニケーションが暴力的になることで、罪悪感がわいたり、イライラしたりといいことなし。

他人に八つ当たりし、そんな自分が嫌になり、負のループを繰り返すことになります。

では、どうしたらNVC(非暴力コミュニケーション/共感コミュニケーション)ができるようになるのでしょう。

NVCの肝は「観察」「感情」「必要」「要求」の4ステップです。

f:id:yamama48:20210316112458j:plain

次回以降の記事で、上記「OFNR」についてご紹介します!

 

▼第2回の記事はこちら
「正しさ」がコミュニケーションを邪魔している | 書籍の要約でNVCを学ぶ【2】

毎週金曜日にオープン!「昼スナック」でもNVCを語りましょう

2021年3月現在、毎週金曜日に赤坂で「昼スナック」のママをしています。

NVCについて、それ以外のこと、なんでもお話ししましょう!

◆お店の場所

赤坂扇やビル5F「スナックHIKIDASHI」内

赤坂3丁目9番4号(東京メトロ赤坂見附駅、ビックカメラの方に降りて出たら右手に向かって徒歩30秒)

※Googleマップで「スナック言いたいことやまやま」と検索すると出てきます

f:id:yamama48:20201207181652j:plain
※↑写真のロゴが目印!
※アルコール、パーテーション、空気清浄機、ドアを解放しての換気、マスクで対策しております
※Wi-Fiあります!一部電源もあり。PCの持ち込みも歓迎です

◆ご来店にあたり

コロナ対策のため、時間帯で4名ずつに絞って営業します。
緊急事態宣言中は13時~16時、普段は14時~18時です。

このページの予約ボタンや、やまま個人へのDMなどで事前にお知らせいただけると幸いです。

f:id:yamama48:20201222163327j:plain

◆料金システムなど

昼スナック 

▶昼スナック公式Facebookページはこちら(アカウントなくても閲覧可)