言いたいことやまやまです

仕事をやめ、誇りを持って主婦として生きることにした1985年生まれ。金儲け臭ゼロのブログで生きざまを書き綴っています。お金はいつでもほしい。

やままあき

Author:やまま (id:yamama48)

仕事をやめ、誇りを持って主婦として生きることにした1985年生まれ。
自己紹介はこちらを!
読者登録していただけると嬉しいです!
お問い合わせはこちらにお願いいたします。

エッセイ
昼スナック
レビュー
自己紹介

記事数1000以上の当ブログ、削除対象となった過去記事をご紹介【随時更新】

ブログ記事を断捨離中

2014年3月に開設した本ブログ、さすがに7年も経つと玉石混交というか石まみれです。

Google Analyticsで過去3ヶ月分のデータを表示し、ページビュー数を少ない順に表示し、ドベからチェック&削除しています。

過去記事リライト中、内部リンクにしている記事がつまらなすぎて絶望して削除するパターンもあります。

ただサヨナラするのも悲しいので、彼らが生きていた痕跡を残す場所、つまり「ブログの墓場」としてこのページをつくりました。

よかったら拝んでいってやってください。

 

2021年5月31日 削除対象

「スナックやまま」準備室をつくりました

2020年5月の記事です。同年2月にnoteの「サークル機能」がリリース。

少しでも自分の情報発信を通じてマネタイズしたいという思いで「スナックやまま」というnoteサークルを作ろうとしていたときの記事です。

やさしい知人友人が入会してくれたものの、月500円の会費をいただくほどの情報が提供できないうえ、noteの使い勝手に苦戦してクローズしてしまいました。

もうやっていないものの紹介記事なんてすぐに削除したほうがいい!

2021年5月22日 削除対象

横浜インターコンチネンタルホテルの「ベジスイーツビュッフェ」シリーズ

2014年6月の記事です。

たしか婚活に燃え尽きてしまったのもこのころだったと思います。

ひとりぼっちであらゆるビュッフェに臨み、細かすぎ&くどすぎて誰の参考にもならない食レポ記事を量産していました。

▼「後日談」も含めて4記事も書いていました

f:id:yamama48:20210522203543p:plain

倒れそうなほどくどいので、記事を1本化して残しておきました。1万字くらいになりました。くどさに負けずに読了できたら、あなたは偉人です。

www.yamama48.com

2021年5月16日 削除対象

ゴールデンウィーク2014 やっとガリガリ君ナポリタン味を食べたの巻

タイトルからしてつまらなそうです。本当にただの実況中継だけでした。ブログを開設して2ヶ月ですから、そんなもんでしょう。

こんな↓ でした。

***

f:id:yamama48:20210516140137p:plain

***

いちおう危機感は持ったようなのですが、ただ脳みその中身を書き起こしているだけというかんじです。ビギナー感に微笑んでいただけたら幸いです。

「ファミレスで過ごした夜の記録」シリーズ

2014年4月、こちらもブログ超初期に書いた記事でした。

単に「会社でむしゃくしゃしたのでまっすぐ自宅に帰りたくない、でもPC作業もしたい、よし、ファミレス行こう」というだけのことがクドクドと書かれていました。

「シリーズ」と書いているのは、その話題が3日間にわたって更新され続けたからです。毎日更新することに躍起になっていた時期でした。

  • 1日目の趣旨:どこ行こうかな~、ここか、ここか、ここか、ここが候補。うーん、サイゼリヤに決定!
  • 2日目の趣旨:サイゼリヤ最高
  • 3日目の趣旨:サイゼリヤにまた行きたいけどガストにしてみた、いまいち

分割する意味がないのでとりあえず1本にまとめておきました。8000字を超えていてショック(意味のない文章が多すぎて)。

消してもいいのですが、「くどくて面倒くさくてPVも集まらない悪手」の事例として残したので、冷やかしてやってください。

www.yamama48.com

TSUTAYAとスタバのマリアージュ

神谷町にあるTSUTAYA BOOKSとスタバの併設店が穴場でいいよ、という記事。

ビジネス街にあるので、土日は最高に使い勝手がよかったのでした。

これも2014年5月の記事で、タイトルからなにも伝わってこないのがポイントです。

お店の利便性の良さをシンプルに書けばいいものを、冒頭の文章がこれ↓です。

***

f:id:yamama48:20210516142615p:plain

***

灰色の男たちに言って、読者さんに時間を返して差し上げたいです……私の腰に興味のある人なんていないだろ。

 

随時、「悪手公開」してまいります。