言いたいことやまやまです

仕事をやめ、誇りを持って主婦として生きることにした1985年生まれ。金儲け臭ゼロのブログで生きざまを書き綴っています。お金はいつでもほしい。

やままあき

Author:やまま (id:yamama48)

仕事をやめ、誇りを持って主婦として生きることにした1985年生まれ。
自己紹介はこちらを!
読者登録していただけると嬉しいです!
お問い合わせはこちらにお願いいたします。

エッセイ
昼スナック
レビュー
自己紹介

「おもしろがり筋」の筋トレにブログを活用する

妊娠25週に入りました。

毎日感じる胎動にも慣れてきました。寝しなに腹のなかで暴れられるのが日課ですが、昨晩は肛門のほうに振動がきたので、布団の中で「胎動 尻」と検索した次第です。

ここは「Hey Siri」に聞くべきところだったのかなあ。

いくら観客が夫のみとはいえ、スベりたくないのが人情ではありませんか。

Siriには頼らず無言でネットサーフィンしました。

というのも私の脳裏をまっさきによぎったのは「逆子」という不安な2文字だったからです。

調べてみればなんのことはない、「よく動くのでおケツのほうに胎動を感じることだってあるさ、人間だもの」という話でした。あーよかった。

かくも不安というのはかんたんにつのってしまうものなのです。

帝王切開、名前はかっこいいですが施術されるのはごめんですからね。

いまのところは医師からも異常を指摘されていないので大丈夫なのでしょう。

こうしてたいがいの不安は杞憂というこれまたかっこいい2文字に生まれ変わることが常です。

 

ところでこの文章は、いま思いついたままに、瞬間的に書いています。

Hey Siriのくだりは思いついたから書いたものの死ぬほどつまらんなあと思っていますが、そのくだりを書くことによって文章がとぎれず、しゃべるように書けているという効果がありました。

 

ブログ!SEO!アフィリエイト!うおー!な時代にこんな記事をUPする勇気をたたえてほしい。

 

「本来のブログ、そう、weblogの時代に私だけでも戻ろう」

 

そんなことをふと思って、書き始めたのでした。

そのきっかけは、喜怒哀楽のない平坦な毎日を実感したことにあります。

妊娠して、安定期に思いきり憂鬱状態になったのが引き金となり、無気力に毎日を過ごすようになりました。

 

最初はそんな自分に焦りもありましたが、「妊娠しているんだし、産後に向けてそのくらい余白をつくっておいても問題はないさ」と受け入れたことでグッと過ごしやすくなっています。

www.yamama48.com

 

毎日、じつに安心して過ごすことができています。

新居はとても好きだし、夫のことは信頼しているし、しっかり身体を休められているし、毎日の自炊はしんどいところではありますが、まあ、そのくらいならがんばれます。

 

しかし一方で、喜怒哀楽のないあまりにも平坦な日々にひっかかるものもありました。

自分が空気になっているというか、何もしていないのにあっという間に時間が経っていて不思議な感じというか。

 

毎日とても安心して過ごせているけれど、やっぱり刺激もあったほうがいいんだろうなと思いました。

「楽しいこと」「おもしろいこと」というやつです。

 

「おとなになると、楽しいことやおもしろいことが向こうから勝手にやってきてくれることなんてなくなる」

というのが持論。

「箸が転んでもおかしい年頃」だったのは遠い昔のこと、未熟で無知で発見だらけだったから、なんでもおもしろかっただけです。

 

それなりに成熟して知識を得れば、何をすればどうなるかの想像もつくようになります。リスクは避けるようになります。

そうして平坦な道を歩き進んでいくにつれ、「楽しい」「おもしろい」は幻の感覚になってきてしまうのではないでしょうか。

 

歳を重ねても若々しくあるためには運動や脳の刺激が大事だというのはよく聞く話です。

「楽しい」「おもしろい」の感覚についても同様だと思いました。

体力づくりのためのウォーキングや筋トレのように、楽しむ、おもしろがる感覚も、筋トレならぬ「感トレ」で若々しく保てるはず。

 

せっかく一度きりの人生です。

「またぼーっとしていたら1週間経っていた」というのはもったいない。

小さなことを楽しめる「おもしろがり筋」を鍛えていきたいと思いました。

 

どうやって? というところですぐ思い当たったのがこのブログでした。

すでにアクセスもずいぶん少なくなっており、広告収益なんて雀の涙ほどのエッセイブログです。

それでも、検索ワードを少し意識するだとか、商品リンクを貼るだとか、写真がなきゃいけないとか、「読みやすく、かつ読み応えのある記事を書こう」ということを無自覚なまま意識していました。実現できていたかは置いておいて。

 

ゆえにブログを書くときは「よしっ、書くぞ」と気合いを入れる必要があったし、今日の記事のようなしょうもないことを書くのは躊躇われました。

 

一時期、「ブログを書く筋肉を鍛えるため」と称して毎日更新していたことがあります。

あのときの感覚を取り戻してみてもいいんじゃないかなと思ったのです。

つまらないことでも書いてよし。なんでも書いてよし。書いているうちにさっきのクソつまらないHeySiriだって思いつくのです。なんらかの筋トレにはなりそうだ!

 

毎日更新時のつまらない記事、たくさん削除しました。SEO上よくないという話を聞いたからです。

でも、いろいろやってみて、私のブログはSEOとか収益とは無縁だというのがよ~~~~~~~くわかりました。

なので自由につかいます。おもしろがり筋を鍛えます。

ちょくちょくしょうもない記事をかくと思いますが、気が向いたらお付き合いください。

 

読者のためではなく自分のためのブログ。それでいいじゃないかと思います。