言いたいことやまやまです

有名人になりたかったけれどなれなかった30代半ばの凡人女による愉快な生存報告

やままあき

Author:やまま (id:yamama48)

1985年生まれの凡人雑記ブロガー。有名人になるのが夢でした。まだ少し夢見ています。凡人だって情報発信していいということを証明していきたい。読者登録していただけると嬉しいです!
お問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

yamama48★outlook.jp(★をアットマークに変更してください)

大阪デカ盛り「喫茶Y」で食パン1斤モーニング

こんばんは、食パン1斤の時間です。

長年行きたいと思っていた大阪のデカ盛り喫茶店、それが「喫茶Y」です。

 

 

既視感のある雑多な店内

f:id:yamama48:20191126111514j:plain

梅田駅から歩いて15分くらいでしょうか。

食べログページには「地下鉄御堂筋線/中津駅または、谷町線/中崎駅から徒歩約10分」とありました。

営業時間は8時~18時(日祝定休)。雨が降るなか、朝8時ちょっとまえに到着しました。

f:id:yamama48:20191126111631j:plain

お店の向かい側には、「皆さまよろしかったらお飲みください Y」という札がついたテーブルが。行列ができる人気店であることをうかがわせますが、この日は平日だったこともあり、先客なしでした。

f:id:yamama48:20191126200054j:plain

8時をまわる少しまえにお店の扉が開き、雨が降っているからと、マダムが中に入るよう促してくれます。ありがたい!

f:id:yamama48:20191126111519j:plain

テーブル席とカウンター席からなる店内。

カウンターには「予約席」と書かれた札が乗せられていたため、4人がけのテーブル席に陣取ります。

絵画と写真がずらり。ぬいぐるみやハーバリウムなど、置物系もいろいろあります。

ところでハーバリウムってなんの役に立つのか……いまだにわからない雑貨です(雑貨なのか?)。

f:id:yamama48:20191126111438j:plain

隣の席に視線を送れば、座布団と猫ちゃんクッション。

f:id:yamama48:20191126111608j:plain

見上げれば、補強力バツグンの埋め込み空調。

f:id:yamama48:20191126111504j:plain

目の前にはカウンター席と厨房が広がります。

……さて、ここまでで何機の扇風機が写り込んでいたでしょうか。(正解:4機)

この雑多で手作りムードあふれる店内、初めて来る場所なのにどこか安心感があるというか、毎度おなじみな雰囲気を感じてしまうのは、すべて「喫茶アメリカン」のせいですね。

f:id:yamama48:20190520165208j:plain▲【参考】喫茶アメリカン 店内

違いと言えば「ブランケットが置かれているところ」でしょうか。マダムの気遣いを感じます。

喫茶Yのモーニングメニュー

f:id:yamama48:20191126111447j:plain

朝8時から10時半まではモーニングメニューです。

食べログや数々の食レポでは、安価な「モーニング」や、「ベーコンエッグ」「ハムエッグ」「アメリカンスタイル(卵がスクランブルエッグになっている)」の写真や感想を見かけます。

そこで私は資料が乏しい「Y特製ヨーグルト」をお願いする気まんまんだったのですが、このメニューには卵がつかないのだそう。ヨーグルトとトースト(ほぼ1斤)か……。どうしても卵が食べたい。悩んだ末、マダムの

「お嬢さんならモーニングで充分」

の提案に乗っかることにしました。一見さんは偉そうにしてはなりません。主の提案は素直に受け入れるのが吉。これも「喫茶アメリカン」での学びです。

8時を過ぎると、男性のお客様がちらほらと入店。


「お母さん、アメリカンで!」

「卵いくつ?(キッチンから大きな声で)」

「5つで!」

「僕は7つ!」


……これが噂の「自己申告制タマゴ」……。MAX10個まで投入できるというから驚きです。そういえば私は卵の量を聞かれなかった。

提案時のコメントから察するに、マダムは私のことを少食だと思っています。卵の量は少なくしてくれることでしょう。

喫茶Yの「モーニング」(600円)

f:id:yamama48:20191126111604j:plain
f:id:yamama48:20191126111536j:plain

まずはおかわりもOKなホットコーヒーから。

実家感あふれるヒヨコちゃんマグカップ、そしてマグカップなのに「スプーン置き場」という利便性を重視してソーサーをつけているのが素敵です。

ちなみにソーサーとして使われているのはメラミン皿。落としても割れないので安心ですね!(絵柄は『カーズ』)

f:id:yamama48:20191126111640j:plain

スプーンの柄もハイセンス。

そしてお待ちかねの「モーニング」はこのようになっておりました。

f:id:yamama48:20191126111611j:plain

厚めのベーコン、目玉焼き、フレッシュなレタスと、バナナ半分。調味料はマヨネーズとケチャップです。

f:id:yamama48:20191126200048j:plain

ベーコンをよけてみると、卵の数は4つでした(3つかも?)。基本がこの量とは。

パンの焼き上がりには少し時間がかかるようでした。なにせ約1斤をトーストしているのですから、責めるつもりはまったくありません。

夢中になってベーコンエッグを食べているところに、カウンター席を使っている常連さんがトーストを運んでくれました。恐縮です。

それが、こちら。

f:id:yamama48:20191126111455j:plain

f:id:yamama48:20191126111542j:plain

コーヒーマグの高さとほぼ同じです。

しかしこの規模感、喫茶アメリカンで充分に鍛えているものですから、ごく自然に受け取ってしまいますね。

f:id:yamama48:20191002133843j:plain▲【参考】喫茶アメリカンの「はちみつパン」

アメリカンとの違いは、

「トーストしてあること」
「バターがあらかじめ乗っていること」
「パンの切れ目からバターが染みてとてもおいしそうであること」。

f:id:yamama48:20191126111635j:plain
f:id:yamama48:20191126111618j:plain

切れ目に沿ってパンを半分に割くと、断面にバターがじわりと。これはたまりません。

外はサクッと、中はふわふわ。バターの塩気もあいまって、食が進みます。

f:id:yamama48:20191126111451j:plain
f:id:yamama48:20191126111507j:plain
f:id:yamama48:20191126111545j:plain

ベーコンで目玉焼きを巻いたり、パンに目玉焼きの黄身をなすりつけたりしてぺろりと完食。パンのお皿もメラミン製(絵柄はスティッチ)でした。

食べ終わるころ、常連さんや男性客の方に豚汁がふるまわれているのを目撃。コーヒーをちびちび飲みながら居座っていると、私もごちそうしていただくことができました。厚かましくてすみません。

f:id:yamama48:20191126111441j:plain

安定のメラミンお椀!写真だと分かりづらいですが、豚肉を中心に、具が気前よくもりもりと入っていておどろきました。

要再訪!要研究!次はランチタイム以降に

f:id:yamama48:20191126200051j:plain

喫茶アメリカン通いで痛感したことでありますが、こうした素敵なお店は1回訪れただけでは真の良さを知ることができません。

複数回の訪問でさまざまなメニューをいただき、そのときどきで異なる客層、お店の雰囲気を体感してこそ「語れる」のです。一回こっきりで偉そうなことは申し上げられません。

午後はさまざまな「定食」が楽しめるようですので、そちらもぜひ堪能したいです。

▼ポッドキャストでも喫茶Yレポートをお話ししました

anchor.fm


▼ポッドキャストの聴き方はこちらの記事でご紹介しています

www.yamama48.com

「喫茶Y」お店情報

住所:大阪府大阪市北区豊崎1-3-1

営業時間:8時~18時(日祝定休)

食べログページ:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27002489/

関連記事

www.yamama48.com

www.yamama48.com