言いたいことやまやまです

仕事をやめ、誇りを持って主婦として生きることにした1985年生まれ。金儲け臭ゼロのブログで生きざまを書き綴っています。お金はいつでもほしい。

やままあき

Author:やまま (id:yamama48)

仕事をやめ、誇りを持って主婦として生きている1985年生まれ。我慢しない人生を送ろう!
自己紹介はこちらです。
読者登録していただけると嬉しいです!
お問い合わせはこちらにお願いいたします。

自己受容
妊娠出産育児
レビュー
自己紹介

電車のなかでお腹が痛くなったとき、やっていたこと

就職活動の面接が本当に苦手でした。 優等生である自負はあったものの、そのぶんなにもトガっておらず、PRできるような自己がなかったのです。これまではそんな私をイイコイイコと撫でくりまわしていた世界はどこへいったのかと思う日々。なぜみんなそんなに…

「うちは幼稚園から」の罪悪感を手放す考え方を見つけた

子どもがまもなく6か月を迎えます。0歳児というのは半年折り返し地点でも盛大に祝福されるようで、自治体からお祝いのハガキをもらいました。 さて同学年の子どもを持つ友人や、児童館や子ども家庭支援センターでお会いした方と話していると話題になるのが「…

照れずに「子どもの手遊び」ができるようになった

子育てに欠かせないのが「手遊び」と「絵本の読み聞かせ」です。手遊びというのは、「♪あーたま、かーた、ひーざ、ぽん」とか「♪大きな栗の~、木の下で~」のような、動きがついた歌のこと。(私は子どもを産むまで理解していなかったので、念のため軽くご…

「みんな、元気~?」「元気ー!」への違和感

小学生のころ、「朝礼で貧血で倒れる子」「プールの授業を見学する子」が羨ましかったくらい、超健康体です。 使いはじめて37年目のこの身体、心はこじらせまくりの軟弱仕様ですが、外身は風邪もめったに引かないくらい、よくできています。インフルエンザに…

Eテレを自ら積極的に楽しむ

もともと子どもが苦手で、出産するかどうかを長きにわたって悩んでいた者です。37歳になる直前のお産でしたので、高齢出産の扱いになります。 出産をためらってしまった理由は数多ありますが、そのうちのひとつが「自分の時間がなくなる(奪われる)から」で…

自分が書いたものには魅力があるという確信を持ちたい

前回記事で「整体感覚でカウンセリングに行くといいよ!」と力説しました。 整体に通うと「私は腰を痛めやすいんだなあ」とか「左に重心をかけてしまう癖があるんだなあ」といった「身体の傾向」をつかめるようになるもの。同様に、カウンセリングでは自分の…

整体感覚でカウンセリングに行くのがいい

オンラインでカウンセリングを受けました。 1~2ヶ月に1度のペースで定期的にお願いして早数年です。今回もとても楽しく、おもしろく(interesting)、脳に汗をかきながら「自分」という学問を学んだような気分になりました。 Twitterでお悩みツイートをして…

人生初!「子の習い事の申込み」でドギマギ

仕事を辞めて主婦として子育て & 家事をするようになり、「電話」でのやりとりが増えました。 会社員からフリーランスになったときは、SlackやChatworkといったサービスを多用するようになったこともあって、連絡は「文字ベース」でした。私は瞬発力がなく、…

Amazonでしか買えないBEAMSのベビー服、おしゃれだって信じてる

前回「おしゃれの真理」について書きました。(前回記事「おしゃれ人間になる方法」) どんなブランドの服だろうが、どんなカラーコーディネートだろうが、その人が自らの意思で選び、自信を持って着ていたら「おしゃれ」。 逆に他人の視線ばかり気にして、…

おしゃれ人間になる方法

昔からファッションにはあまり関心がありません。 コロナ禍に見舞われたり、妊娠したりですっかり外出しなくなってから、やっと「本来の自分」になれた気がします。トップスから下着まで、基本2着ずつを日々交代で着ているからです。 物干しから外してそのま…

母親1年生の夏、酷暑、戸惑い

小学生のころ、天気予報で夏の気温を見るたび「36度くらいになると、自分の体温と同じ暑さってことだなあ」と思っていたものです。それが現実のものになるとは! ……という書き出しのブログ、今週は何記事くらいあったのでしょうか。 本当に暑い夏、というか…

筆ペン通信講座のDM

前回「ぐいぐいストロングスタイルの宣伝活動」について書きました。今日はそのうちのひとつ「通信講座」のご紹介です。 1年ほど前、妊娠中ということもあり「自分が学びたいことに励み、その様子をブログでレポートし、アフィリエイト記事としてまとめてみ…

宣伝はぐいぐいストロングスタイルで!

2022年6月22日、参院選が公示されました。このクソ暑い夏も、元気いっぱいの選挙カーが走り回るのでしょう。道でぼーっと立っていたら選挙カーを見つめる形になってしまい、その候補者のことなどほぼなにも知らないのに、「応援ありがとうございます」と、出…

母乳バンクのドナー登録が完了しました

「母乳バンク」のドナー登録に行ってきました。 早産もしくは極低出生体重(1,500g未満)の赤ちゃんに対し、母乳が多く出ている他のお母さんたちからその一部を預かり、母乳を低温殺菌処理、細菌検査した上で冷凍管理し、小さい赤ちゃんたちに与える役割を…

ブロガーからエッセイストになる

誰がなんと言おうと、私は「エッセイスト」だ! 仕事を聞かれたら照れずに「エッセイスト」って答えるんだ! などと意気込んでから3日目です。 平日のスキマ時間にちょこちょこ書ける器用さを身に着けたいものの、いつなにがどこで誰となんのために5W1H! み…

「赤ちゃん泣き止み楽曲」の見つけ方

出産して初めて知ったことのひとつが「赤ん坊は自力で眠れない」である。 泣くか寝ているかで1日を過ごす生物が、まさか! と思ったが、どうも「寝方」がわからないそうで、「眠い」とは思っているらしい。 そのため「なんか眠いんだけど、この感じを解消す…

エッセイスト(自称)になりました

Twitterのプロフィールを変えてみた。 これまでは己に「主婦ブロガー」という肩書きをつけていたのだけど、長いことモヤモヤしていたものがはっきりしてきたので、ブロガーの看板を降ろそうということになったのだ。そのモヤモヤってのは、「ブログってあん…

産後体型を戻したい!「プリンセススリム」で1ヶ月コルセットダイエットに挑戦

2022年2月に出産しました。 母乳育児をしていることもあり、体重は妊娠前時点の一歩手前、というところまで順調に減少。 ところが! 体重は減っているのに妊娠前にしょっちゅう着ていたボトムスのボタンが依然として閉まりづらい! これは……ショックを受けま…

産後のメンタル不調に響いたポッドキャストの言葉「幸せって本当はめっちゃ簡単」

まもなく産後4か月です。 今日、夫に子どもを預けて婦人科に行ってきました。心身の調子があまりにも悪かったからです。 ここ数日はベッドから起き上がれなくて、自分の無価値感に潰されそうになって泣くばかり。 自宅にいるのがいけないのだろうと、保健所…

赤ちゃんの予防接種に向き合う

赤ちゃんといえば予防接種。 毎月毎月、1度に何本もの注射を打ちます。 先月予防接種デビューし、今日は2回目。 来月はいよいよBCG接種が控えています。つるつるの両腕とも、あと1か月ちょいでお別れかあ。 いまこのブログを書いている横で、これから病院に…

産後のひざ痛にはシップよりバンテリンサポーター

子どもの体重が5kgを過ぎたころから、いよいよ我が身のダメージをごまかしきれなくなってきました。 とりわけキツイのが腕とひざ。要は「抱っこした状態での立ちしゃがみ」に耐えきれなくなっています。 ひざに至っては、椅子に座ってから立ち上がる際にもな…

ベビーカー移動は当事者も周囲もモヤモヤしがち!ハッピー転換させるためのご提案

子どもが5kg前後になったあたりで「抱っこ紐オンリー」での移動が辛くなりました。最近はもっぱら、ベビーカーを使っています。 抱っこ紐のなにが辛いって、子どもが重いことに加え、おむつ替えセットやら着替えやらの「装備の重み」があることなのですよね…

新人さんもベテランさんもやっぱり「失敗は成功のもと」

「失敗は成功のもと」などと言いますが、自分ひとりでの取り組みならまだしも、チームやお客さんがいての失敗はそうも言っていられません。 多くの場合「悪しきこと」扱いとなり、叱られるもの。失敗当事者の多くは罪悪感にさいなまれることに……。 でも「失…

latte chano-mama(ラッテチャノママ)に行ってみた!要予約の人気親子カフェ

産後3か月を迎えました。 ベビーカーで移動できるようになり、行動範囲が拡大! 都内で「母ちゃん」らしいことをやってみましたよ。 人生初の「親子カフェ」訪問です。ざっくりレポートします! 新宿伊勢丹内「latte chano-mama(ラッテチャノママ)」へ お…

何もできなくても、笑顔のあなたは「デキる人」!

産後およそ2か月半の子ども、どんどんデブになるとともに表情豊かになってきました。 起きた直後は特に、よく微笑んでくれます。 あまりにも屈託のない、純度100%のスマイル。 マクドナルドで1億円払っても、これは提供してもらえないでしょう! 滝の近くに…

上司からの昼食お誘いに「いいですね!」の返答は失礼なのかもしれないけど

新年度も後半です。 新人さんとのコミュニケーション、うまくいっていますか? 会社というコミュニティのなかでだと、親と子、もしかしたら祖父母と孫、くらいの歳の差が生まれることがあります。 小学生時代が重なっていない歳(6歳差)くらいになると、育…

3時間で出産した私の無痛分娩レポート!「お産=つらい」だけではない

コロナ禍のなか、36歳(月齢的にはほぼ37歳)で第1子を無痛分娩で出産しました。 無痛分娩レポートは数多あれど、産院や母体の状態によって流れがいろいろ異なります。 「親知らずの抜歯」なんかもそうだけれど、「俺はこんなに大変だったぜ」という話って、…

「私には想像力が足りない」と自覚する

ワイドショーを賑わす炎上系事件の感想に使われがちな、「想像力が足りていない」という評価。 日常的によく聞く言葉です。 妊娠・出産・子育て関連は「想像力」が特に求められる 子を産んで、己の「想像力皆無っぷり」を自覚した 無知を「責める」前に「紹…

主婦よ!罪悪感を手放したいなら、あえて厚かましく振る舞ってみてくれ

罪悪感というのは本当に! なにも! いいもんを生み出さないよなあ! と思う今日このごろです。 それがわかっているのに、勝手に湧いてくるのだからタチが悪い。 手放そうとしても追いかけてくるのが「罪悪感」 稼いでいない私は家事育児を全部やらなきゃ、…

ラクな子育て環境なのにイライラが止まらない!罪悪感は誰も助けちゃくれないぜ

今週もあっという間に終了。 産後ヘルパーさんが来てくれたり、オンラインでカウンセリングを受けたり、3回目のワクチン接種の副反応期間中に母が来てくれたりと、いろんなことがありました。 今週もいろいろがんばった!はずなのに…… 恵まれた環境なのに…家…